FC2ブログ


Nの軍事ブログ

ご批判、意見、訂正など是非お願いいたします。何か情報があれば是非コメントをお待ちしております。
2008-12-05-Fri- 荒れるアフリカ情勢

 コンゴでの紛争はどうなっているのか。今月3日、反政府勢力である人民防衛国民会議のヌクンダ司令官がコンゴ東部の北キブ州知事との会談に合意したという。これまで会談を拒否してきたが、態度を一変させた。これを和平の糸口にしてほしいがあまり期待できないかもしれない。

 今月2日には欧州連合外相会議のあとで、ベルギーの外相が国連コンゴ監視団支援を目的とした欧州連合部隊派遣を見送る方針を示している。現地では依然難民が溢れ、衛生状態も良くないと見られ、一刻も早く支援が必要な状況である。みなさんには、Nの司令部内にある特集を是非見ていただきたいと思う。

 次はジンバブエ情勢だが、現在危機的な状況である。コレラによる死者が増大しているのだ。3日のジンバブエ政府の発表で560人の死者が出ている。そして、病院は医療スタッフの職務放棄で機能していないという。ジンバブエ政府は非常事態を宣言し、国際社会への支援を求めている。これを受けて、ユニセフが緊急対策を実施するとしているがそれだけで大丈夫なのだろうか。また、南アフリカ国境でコレラ菌が見つかっており、支援団体は南アフリカにも感染が広がっている可能性が高いとしている。国境を越えたさらなる感染拡大も時間の問題かもしれない。

 最後はスーダンに関するものであるが、3日の安全保障理事会で国際刑事裁判所(ICC)のモレノオカンポ主任検察官は、スーダンのダルフール地方でスーダン政府が依然として虐殺を認めていると非難した。同主任検察官は、毎月5000人以上の非難民が死んでいるとも指摘した。7月には、モレノオカンポ氏が10の容疑でスーダン大統領に対して逮捕状を請求しており、現在審査中で来月にも結果がでる予定である。

 スーダン南部にはUNMIS要員として陸上自衛官2名が派遣されている。日本も「平和協力国家」として真剣に考えるべきではないだろうか。




軍事報告 | trackback(0) | comment(0) |


<<米海軍横須賀基地現地リポート | TOP | イラク空自部隊に撤収命令 今までの活動内容とは>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://96483.blog59.fc2.com/tb.php/92-5f99d2b1

| TOP |

●訪問者数

2009年11月19日から


いままでの単純HIT数
ブログパーツUL5

●BLOG内記事検索

●プロフィール

N

Author:N
 
自衛隊、日本関連の軍事情報を中心に運営しています。

▼リンク


このブログをリンクに追加する

●最新記事

●最新コメント

●最新トラックバック

●日付別記事一覧

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

●月別アーカイブ

●カテゴリ

●注目!!!

クリックをお願いします


軍事 ブログネットワーク

単純HIT経過


QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RMT