FC2ブログ


Nの軍事ブログ

ご批判、意見、訂正など是非お願いいたします。何か情報があれば是非コメントをお待ちしております。
2008-11-17-Mon- 変われない日本

 自衛隊は「再教育」されるという。歴史認識において政府見解と異なる歴史を教えずに「正しい」歴史を教えていくということのようだ。どうしてそんなことをする必要があるのだろうか?「正しい」歴史とは何なのか?そんなものはとっくにどこかへ消えてしまっているにも関わらず。色々な説を自衛隊のみならず、日本中の教育で教えていけばよいではないか。そうやって過去に縛られても何も始まらない。帝国政府が行ったことをそれから変わった日本国政府が謝罪も釈明もする必要はない。制度上も事実上も切り離したはずなのだから。公的な問題より、血や文化の流れを受け継ぐ日本国民の総意をきくべきである。あとは日本国民の判断である。そして総理大臣には政府の一人としてではなく、国民の代表として「国民見解」を発表してほしい。

 過去にとらわれた自衛隊は行っていることすら否定されている。そんなことではますます自衛官の士気が下がるだけである。自分達が信じて国民のためになると思って日々活動していることを否定されては、やる気もなくなるのは当然である。さらに、田母神氏の階級降格。こういうことを平気で出来る人間の気が知れないし感覚が狂っている。揚げ句の果てに約40年も尽くして来た感謝に対するものである退職金まで分取ろうとするとは極めて無礼である。自衛官を一体何だと思っているのか。

 アメリカはCHANGEした。だが日本は変われない。拉致被害者家族の悲痛な叫びも無視されている。「一刻も早く取り返してほしい。」ただ思いはそれだけである。北朝鮮による拉致は現在進行中のテロである。「テロとの戦い」をうたいながら、中東で他国のために支援はしても日本国内テロとは戦わないのか。戦時中と全く同じで、憲法や制度が変わっていても国民を切り捨てる政府は変わっていなかったのか。外務省のお役人さんに任しておいても、それだけでは100年たっても解決はできない。今こそ国民は意識を変え、憲法を変え、国家を変えなければならない。




コラム | trackback(0) | comment(0) |


<<今日の報告20081118 | TOP | 航空幕僚長後任人事について>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://96483.blog59.fc2.com/tb.php/77-589d0d08

| TOP |

●訪問者数

2009年11月19日から


いままでの単純HIT数
ブログパーツUL5

●BLOG内記事検索

●プロフィール

N

Author:N
 
自衛隊、日本関連の軍事情報を中心に運営しています。

▼リンク


このブログをリンクに追加する

●最新記事

●最新コメント

●最新トラックバック

●日付別記事一覧

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

●月別アーカイブ

●カテゴリ

●注目!!!

クリックをお願いします


軍事 ブログネットワーク

単純HIT経過


QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RMT