Nの軍事ブログ

ご批判、意見、訂正など是非お願いいたします。何か情報があれば是非コメントをお待ちしております。
------------ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010-02-06-Sat- [ハイチ大地震]PKO陸自派遣 海空自衛隊の支援はどうなるの?

 昨日、閣議決定によってハイチにおけるPKOへ陸上自衛隊部隊計350人の派遣が正式決定し、本日先遣隊の一部が出発しましたが、海上自衛隊と航空自衛隊の支援がどうなるのかということがずっと気になっていました。というのも、遠いハイチまで350人の部隊と物資や機材を運ぶためには輸送手段が必要になるからです。当然のことと言えば当然なのですが、こうした場合3つのケースが検討されることになります。

 1つ目は海上自衛隊の輸送艦やその他艦艇に車両を搭載し、太平洋を渡っていく方法です。時間がかかり、隊員にとってはしんどい部分もあるでしょうが、大量輸送が可能ですし、洋上拠点として医療支援にあたることもできます。万が一治安が悪化し、即時撤退が要求される際にはヘリで洋上まで部隊を輸送することも一応可能ではあります(ヘリの運用はどうあれ)。19500トン型護衛艦(22DDH)ほどの艦艇があればより理想的な運用が期待できるでしょう。

 2つ目は航空自衛隊の輸送機を使う方法です。政府専用機、C-130H、U-4などが考えられます。特別航空輸送隊が運用する政府専用機は人員を最大350人を輸送する能力を持っています。また、航続距離も問題ありません。C-130Hは航続距離の問題から途中数回飛行場を経由して行く必要があります。なので、マイアミ・ハイチ間のピストン輸送に利用されています。U-4は太平洋をひとっ飛びできる航空機ですが、輸送量が小さいため大量に人員を輸送することができません。こうしたことから先遣隊の輸送は政府専用機が行うことになりました。C-Xが配備されればより効果的な運用が期待されます。

 3つ目は民間の船舶・航空機をチャーターする方法です。最近では、海賊対処活動に従事する海上自衛隊の航空隊が使用する機材の輸送をロシアの大型輸送機アントノフ(An-124)がジブチまで行いました。

 これら3つを組み合わせて使えるものを最大限利用して輸送を行うことが望ましいのですが、今回輸送艦を利用できない事情が出てきています。それは昨日記事にしましたが、友愛ボート構想の一環であるパシフィックパートナーシップへの参加です。これについて東京新聞が記事にしていますのでそれを確認していきましょう。

ハイチ支援より交流行事 海自輸送艦『友愛ボート』理念先行(東京新聞)(一部抜粋)
(略)
 一方、ハイチ大地震に派遣される自衛隊の国連平和維持活動(PKO)部隊は、本格的な復旧にあたる第二陣が重機やトラックの輸送に艦船を利用する計画だ。海自輸送艦を二隻使えば輸送でき、現在、「おおすみ」「しもきた」の二隻が使用可能となっている。

 だが、「おおすみ」をハイチに派遣した場合、親善行事の開始に間に合わない可能性があり、結局、ハイチPKOではチャーターした大型の民間輸送船一隻だけを活用することにした。防衛省の内部では「輸送艦はコンテナ輸送には不向き」との指摘もある。


輸送艦しもきた 横須賀港
shimokita


 定期的なドック入りが必要であるなどの理由で、艦艇は常にすべてが動くことのできる状態にはありません。3隻あるおおすみ型輸送艦も同様でこの記事によると現在おおすみ、しもきたが使用可能だということです。今回、重機やトラックの輸送に2隻が必要だということで、このうち1隻をパシフィック・パートナーシップに派遣すると輸送艦が不足するということのようです。

 もうひとつ東京新聞の記事から抜粋します。

ハイチPKO派遣命令 陸自第一陣きょう出発 鳩山政権初(東京新聞)
(略)
 米マイアミとハイチ間をピストン輸送する航空自衛隊の輸送機C130のほか、海上自衛隊の護衛艦や輸送艦も帰還時などに備えて待機する。



 と、ここまで書いてから防衛省のサイトで詳細が発表されていることに気がつきました。派遣部隊編成の概要が記されていました。発表をまとめてみます。(最後に関連リンクを貼ります。)

 海空自衛隊部隊は補給、輸送目的で編成されることになります。海上自衛隊部隊は輸送艦、補給艦、護衛艦それぞれ一隻ずつで当面の部隊展開では活動しないとのことです。しんぶん赤旗によると約540人規模の部隊となるようです。そして、航空自衛隊の部隊は第1ハイチ空輸隊などを編成し、約200人の編成になります。また、空自はさきほど記した3つの航空機に加えて、空中給油・輸送機KC-767を初めて海外任務に利用するようです。陸海空あわせて総勢1100人規模となります。

 東京新聞の記事では帰還時に備えてとなっていますが、先遣隊の帰還なのか、10ヶ月後のことなのか、治安悪化などの緊急事態に備えてなのか詳しく分からないものの、とにかくすぐ派遣できるようにしておくということなのでしょうか。自衛隊は万全の態勢を整えて復興支援活動を実施することになります。遠いハイチという国での過酷な活動になるでしょうが、各国と協力し無事に任務を完遂することができるように祈りたいと思います。


▼関連リンク
防衛省 / ハイチへの自衛隊部隊派遣に伴う、ハイチ国際平和協力業務の実施に関する自衛隊行動命令の発出について
(ここに部隊編成の内容が記されたPDFファイルがあります)

しんぶん赤旗 / ハイチPKO派遣決定 空中給油機 初の海外任務




ハイチ大地震 | trackback(0) | comment(0) |


<<[バンクーバー五輪]いよいよ日本時間13日に開幕式 | TOP | [ハイチ大地震]ハイチPKOへ陸自部隊派遣決定>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://96483.blog59.fc2.com/tb.php/311-314f476f

| TOP |

●訪問者数

2009年11月19日から


いままでの単純HIT数
ブログパーツUL5

●BLOG内記事検索

●プロフィール

N

Author:N
 
自衛隊、日本関連の軍事情報を中心に運営しています。

▼リンク


このブログをリンクに追加する

●最新記事

●最新コメント

●最新トラックバック

●日付別記事一覧

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

●月別アーカイブ

●カテゴリ

●注目!!!

クリックをお願いします


軍事 ブログネットワーク

単純HIT経過


QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RMT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。