Nの軍事ブログ

ご批判、意見、訂正など是非お願いいたします。何か情報があれば是非コメントをお待ちしております。
------------ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010-01-25-Mon- [ハイチ大地震]ハイチPKO 陸上自衛隊部隊派遣へ

 ハイチにおけるPKOに自衛隊部隊が派遣されることになるようです。

ハイチPKOへ自衛隊派遣決定 300人規模、国連に通報(共同通信)

 政府は25日、基本政策閣僚委を官邸で開き、ハイチ大地震への人道復興支援のため国連平和維持活動(PKO)として自衛隊を派遣する方針を決めた。国連の要請に応じるもので、同日中に国連に通報する。ハイチは内戦が続いているが、平野博文官房長官は25日の会見で、PKO参加5原則の条件を満たすとの認識を示した。


 派遣目的は復興支援で、国際連合ハイチ安定化ミッション(MINUSTAH)への参加となります。陸上自衛隊の施設科からの要員を中心とし、300人ほどの部隊になる模様です。今回はがれきの除去や道路の復旧活動などのインフラ整備を行うための派遣であり、治安維持のための部隊派遣ではありません。現地では大地震によって建物のほとんどが倒壊し、工兵のニーズが多くあります。今後、国連からの正式な要請があり次第派遣が実現することになります。

 陸自の施設部隊派遣ということになれば海上自衛隊の輸送艦隊や航空自衛隊の輸送機なども支援にあたることになるのでしょうか。1992年にPKOの一環で陸自部隊がカンボジアに派遣された際には海空自部隊が支援に当たっています。これらは人員や資材、機材、車両、ヘリなどを輸送するためのものです。今後詳しい情報が発表され、報道されることになると思います。

 さて、ハイチにおけるPKOへの自衛隊のかかわりについて19日の記事後半で簡単に記しました。これは防衛白書に記されていたものから持ってきたものです。自衛官がPKO実施計画にかかわっていたようなのですが、今回の派遣を見て改めて思うのは自衛隊の活動範囲が本当に広がったなということです。活動範囲は全世界、数名の自衛官派遣ではなく数百名の部隊を各地に展開するまでになったのですから、そのような印象は誰しも持っていることでしょう。今回ハイチ派遣は地震によるものですが、スーダンPKOへの部隊派遣も数百名規模で検討されています。これから陸自のPKO任務は増えていくのでしょう。


▼関連リンク
防衛省 / 国際連合ハイチ安定化ミッション(MINUSTAH)に関する国際平和協力業務の準備に関する大臣指示の発出について
Nの軍事ブログ / [ハイチ大地震]長期的支援が必要 自衛隊部隊の活動を考える




ハイチ大地震 | trackback(0) | comment(0) |


<<コブラ・ゴールド2010 まとめ1 | TOP | そのまま放置されてしまった下書き記事たち>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://96483.blog59.fc2.com/tb.php/302-3947d310

| TOP |

●訪問者数

2009年11月19日から


いままでの単純HIT数
ブログパーツUL5

●BLOG内記事検索

●プロフィール

Author:N
 
自衛隊、日本関連の軍事情報を中心に運営しています。

▼リンク


このブログをリンクに追加する

●最新記事

●最新コメント

●最新トラックバック

●日付別記事一覧

08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

●月別アーカイブ

●カテゴリ

●注目!!!

クリックをお願いします


軍事 ブログネットワーク

単純HIT経過


QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RMT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。