Nの軍事ブログ

ご批判、意見、訂正など是非お願いいたします。何か情報があれば是非コメントをお待ちしております。
------------ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010-01-18-Mon- [ハイチ大地震]自衛隊部隊派遣を決定 空輸隊は活動実施

 政府は、自衛隊から医官など70~80名程度の部隊を国際緊急援助隊としてハイチに派遣することを決めました。17日に現地入りした医療チームに加わって活動を行う予定だということです。この部隊は陸上自衛隊中部方面隊からの人員を中心に編成される模様で、部隊派遣は統合幕僚監部主導で行われることになるでしょう。この部隊派遣に関する調査チームが18日に出発し、ハイチ、ドミニカ共和国、米国に派遣される予定です。

 訓練のため米国にいた航空自衛隊のC-130H戦術輸送機はすでに活動を実施しています。国際緊急援助隊として派遣されている医療チームと、自衛隊から派遣されている調査チームの輸送をマイアミからハイチまで行いました。また、米国とハイチ政府の要請によりハイチからマイアミまで被災した米国人34人を輸送しました。16日に日本を出発した自衛隊の調査チームは、C-130Hを中心としたハイチ国際緊急援助空輸隊を支援するためのもので、統合連絡調整所を設置し、統合幕僚監部運用部から山下隆康1等空佐が指揮官として派遣されています。昨年10月にインドネシアに派遣された調査チームの指揮も統幕運用部から派遣された自衛官によって行われています。

 さて、自衛隊部隊派遣が本格化するようですが、政府の対応がはじめから少し遅いように感じるのは事実でしょう。理想的なのは迅速に大規模な派遣を行うことです。地震発生から5日以上たちますが、まだ自衛隊部隊の先遣隊を派遣している状況からは迅速さは感じられません。C-130H輸送機がたまたま米国にいたから活動がすぐにできましたが、こうした事態への対応をしっかりできるようにしてもらいたいと思います。こういう事態でのアピールというのも国際社会においては必要なことだと思います。資金拠出、人的支援の両面をアピールして日本の方針を示すことは日本の貢献を知らしめるチャンスでもあるのです。

 政府の対応に遅さを感じることについてはいいとしても、部隊派遣の際に心配になるのは現地の治安です。物資が十分にいきわたっていないために略奪が発生し、活動への支障が心配されます。また、感染症などの蔓延も可能性として気になるところです。今後その他の部隊派遣も考えられます(海自の輸送艦、空自の輸送機、陸自から人員派遣など?)。非常に大きな被災規模ですから、すでに派遣されている医療チームや自衛隊部隊が必要な活動をしっかり行うことができるように期待しています。


▼関連リンク
防衛省 / ハイチにおける大地震に対する自衛隊部隊による国際緊急援助隊の航空輸送について
防衛省 / ハイチ共和国への国際緊急援助隊の派遣に係る準備に関する大臣指示及び一般命令の発出について




ハイチ大地震 | trackback(0) | comment(0) |


<<[ハイチ大地震]長期的支援が必要 自衛隊部隊の活動を考える | TOP | [ハイチ大地震]早急に大規模支援が必要 各国の対応>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://96483.blog59.fc2.com/tb.php/298-002c2aa8

| TOP |

●訪問者数

2009年11月19日から


いままでの単純HIT数
ブログパーツUL5

●BLOG内記事検索

●プロフィール

Author:N
 
自衛隊、日本関連の軍事情報を中心に運営しています。

▼リンク


このブログをリンクに追加する

●最新記事

●最新コメント

●最新トラックバック

●日付別記事一覧

08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

●月別アーカイブ

●カテゴリ

●注目!!!

クリックをお願いします


軍事 ブログネットワーク

単純HIT経過


QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RMT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。