Nの軍事ブログ

ご批判、意見、訂正など是非お願いいたします。何か情報があれば是非コメントをお待ちしております。
------------ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009-11-19-Thu- パシフィック・パートナーシップへの本格参加を検討

 人道支援に自衛隊派遣を検討(NHKニュース)

防衛省は、鳩山総理大臣が掲げる「東アジア共同体構想」の実現に向けた取り組みの1つとして、東南アジア地域でアメリカ軍が中心になって進めている人道支援活動に部隊と艦艇を参加させる方向で検討をはじめました。

自衛隊の参加が検討されているのは、アメリカ軍が中心になって東南アジア地域で進めている「パシフィック・パートナーシップ」と呼ばれる人道支援活動です。この活動は、スマトラ島沖の巨大地震など東南アジア地域で自然災害が相次いだことを受けておととしから始まったもので、アメリカ軍は、海軍の艦艇で各国を訪問し、医療支援や土木作業などの人道支援活動や地元の人たちとの文化交流を行っています。活動には、カナダやオーストラリアなどアジア太平洋地域の各国が軍医などを派遣しているほか自衛隊もこれまで医師の資格を持つ隊員2人を派遣したことがあります。防衛省は、鳩山総理大臣が掲げる「東アジア共同体構想」の実現に向けた取り組みの1つとしてこの活動への参加の規模を拡大し、来年度から陸上自衛隊の衛生部隊と海上自衛隊の輸送艦を派遣する方向で検討を本格化させることにしています。




 NHKニュースはすぐに消えてしまうので全文を引用させていただきました。米太平洋軍が行っているパシフィックパートナーシップ(Pacific Partnership)についてはつい最近どこかで見た気がしたので、録画してあった動画を確認したらよい資料がありました。このブログでも何度も紹介したことのある「日高義樹のワシントン・リポート」です。ブルーリッジ艦上からのリポートでした。これから以下に今年7月に放送された分からキャプチャを画像と字幕の書き起こしを紹介します。番組の簡単な内容は過去の記事からご覧ください。




pp1

大尉:パートナーシップ作戦は2004年の津波災害の支援から始まりました。英国、日本、フランス、チリ、カナダなど各国との共同作戦です。人道支援作戦です。技術、医療、家畜、歯科など幾つかの項目があり地域の小さな国々が利用できる。我々は地域に出掛けて、学校、水道などをつくる。医療、歯科のチームも連れていきます。

pp2

日高:これはアメリカ政府が認可したもの?
大尉:そうです。
日高:日本など各国も支援している?
大尉:ええ、第7艦隊に本来は備わっていない能力を提供する事で・・・。医療チームが加われば、それぞれの国で我々が行う任務の規模が拡大します。

pp4

大佐:それが、この「パートナーシップ」のテーマの一部なのですよ。災害が起きた場合に一緒に計画し活動する。 同じような組織を選び出し一緒に行動する国々と協力し合う。

pp3

日高:すると、協力するのは海軍とは限らない?

pp5

士官:ほとんどが海軍ですが、政府と言って良いでしょう。支援は海軍からが、ほとんどです。

pp6

士官:去年、日本から加わったのは海上自衛隊の外科医と歯科医でした。

pp7pp8

日高:予算は別立てですか?日本の国家予算はこうした活動に対する予算を含んでいない。その時々で出す。津波災害があれば海上自衛隊の司令官が政府に予算を要請する。そこが違いますね。初歩的な質問ですが・・・。

pp9

女性士官:太平洋軍司令部からこの作戦に対してお金が出ます。すべて一緒になっている・・・。第7艦隊が作戦を実施しますが予算は太平洋軍に対して米国政府から出ています。



 登場人物ですが、最初の画像の士官を「大尉」、日高義樹氏を「日高」、アランリードナー大佐を「大佐」、大佐の隣にいる士官(たぶん大佐?)を「士官」、最後の女性士官を「女性士官」としました。

 この場面では日高氏が詳しいところまで質問してメモまでしていました。また、NHKの報道のとおり海自の医官2人が派遣されていることも確認できます。PACIFIC PARTNERSHIP 2008のサイトでもここに掲載はしませんが画像がありました。病院船MERCY(マーシー)へ外科医と歯科医(両名2佐)が派遣されているようです。また、これも米海軍サイトからの情報ですが、今年はサモアの首都アピアに一等海尉が派遣されているようです(参照)。

 現在海上自衛隊は輸送艦「おおすみ」の派遣を検討しているようで、また、医療設備を備えるましゅう型補給艦の派遣もされるかもしれません。「友愛ボート」なる名前は二度と使ってほしくはありませんが、こういった活動への参加は積極的に行うべきです。ただ、口先だけで派遣を明言するだけでなく、それより先に長期的視野で輸送艦や補給艦の増強を検討すべきでしょう。予算や人員の増強もです。

 最後に、以下に関連リンクを掲載しておきます。

PACIFIC PARTNERSHIP 2008
アメリカ太平洋軍




軍事報告 | trackback(0) | comment(1) |


<<米海軍公開画像から見たANNUALEX 21G | TOP | ANNUALEX 21G 海上自衛隊・米海軍共同演習>>

comment











管理人のみ閲覧OK


新政権にはこういう政治的なオプションの使用もどしどし行ってほしいものです。

2009/11/19 23:16 | たま [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://96483.blog59.fc2.com/tb.php/269-3370d42f

| TOP |

●訪問者数

2009年11月19日から


いままでの単純HIT数
ブログパーツUL5

●BLOG内記事検索

●プロフィール

N

Author:N
 
自衛隊、日本関連の軍事情報を中心に運営しています。

▼リンク


このブログをリンクに追加する

●最新記事

●最新コメント

●最新トラックバック

●日付別記事一覧

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

●月別アーカイブ

●カテゴリ

●注目!!!

クリックをお願いします


軍事 ブログネットワーク

単純HIT経過


QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RMT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。