Nの軍事ブログ

ご批判、意見、訂正など是非お願いいたします。何か情報があれば是非コメントをお待ちしております。
------------ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009-05-19-Tue- [新型インフルエンザ]一連の自衛隊による対策

 新型インフルエンザの国内感染が確認され、関西で多くの感染者がでている。水際での検疫やこれからの対策訓練などの自衛隊の対応をまとめてみた。

陸上自衛隊東部方面隊の新型インフルエンザ対処

中央即応集団 対特殊武器衛生隊より検疫支援要員が派遣
 ※対特殊武器衛生隊は中央即応集団隷下の部隊


 空港での検疫に協力をしてきた自衛隊であるが、潜伏期間などを考えると水際で阻止できるのはごくわずかであることがわかる。国内感染が広がっている今、新型インフルエンザに対応するためには感染阻止も重要だが、いかに発症した患者を支援するかということが更に重要になってくる。

 陸上自衛隊北部方面隊は今月22日から24日まで、真駒内駐屯地などで約600人が参加する大規模な新型インフルエンザ対処訓練を行うことになっている。想定は強毒性の新型インフルエンザ。自衛隊がこのような訓練を行うのは初めてで、活動要請を受けた際に迅速に行動ができるようにするためのものとなる。道内の第2師団、第7師団、第5旅団、第11旅団、北部方面衛生隊、自衛隊札幌病院などから参加する。訓練内容を以下に列挙する。

・物資輸送訓練・・・制限区域へのワクチン、食料、薬、水などの救援物資輸送をヘリやトラックで行う。
・診療訓練・・・自衛隊札幌病院に発熱外来を設置し、感染病棟の運用確認を行う。感染患者の診療やトリアージなどの訓練も行う。
・家きん防疫訓練

 輸送訓練や対処のための基礎知識の習得、防護衣を着用しての封鎖地域での活動などが中心に行われる。

 今後このような訓練を全国各地で行ってほしいものである。各地域ごとでの訓練は非常に有益なものとなるだろう。陸海空自衛隊の連携が非常に重要になる。



※今日は多少手抜き更新になってしまいました。最近記事がたまってしまっているので、しばらく更新が遅れるかもしれません。更新できない場合、その場しのぎの更新をするかもしれません。ご了承ください。




軍事報告 | trackback(0) | comment(0) |


<<[海賊対処]コメントへの返事 | TOP | [海賊対処]陸自部隊が結成式 海自は説明会>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://96483.blog59.fc2.com/tb.php/203-06069f90

| TOP |

●訪問者数

2009年11月19日から


いままでの単純HIT数
ブログパーツUL5

●BLOG内記事検索

●プロフィール

N

Author:N
 
自衛隊、日本関連の軍事情報を中心に運営しています。

▼リンク


このブログをリンクに追加する

●最新記事

●最新コメント

●最新トラックバック

●日付別記事一覧

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

●月別アーカイブ

●カテゴリ

●注目!!!

クリックをお願いします


軍事 ブログネットワーク

単純HIT経過


QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RMT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。