FC2ブログ


Nの軍事ブログ

ご批判、意見、訂正など是非お願いいたします。何か情報があれば是非コメントをお待ちしております。
2009-05-22-Fri- グアンタナモ基地内の特別軍事法廷存続 収容所は閉鎖へ

 米国のオバマ大統領は5月15日に、キューバのグアンタナモ湾海軍基地内に設置されているテロ容疑者を裁くための特別軍事法廷での審理を再開させることを表明した。一度は失敗だったとの見解を示していたが、一部を改善し、存続を発表した。改善策は次のようなもの。

・CIAによる過酷な尋問で得られた供述は証拠として採用しない
・伝聞証拠の採用の制限
・被告は弁護人を自由に選択可能に
・被告の法的保護の拡大
・特別軍事法廷に裁判管轄権を認める


 21日、米国のオバマ大統領は審理を再開させるものの、グアンタナモ湾海軍基地のテロ容疑者収容所(Guantanamo Bay detention camp)閉鎖に関しては公約どおり行うことを明言した。これは大統領がワシントンでの演説で述べたことで、現在の収容者を5つに分類し、米国内に移送するとしている。現在収容されている240人については、米国内の厳重に警備されている刑務所に移送し、改善策を行った後に軍事法廷を開く。無罪となった20人は釈放し、約50人は国外に移送するという。

 公約どおりに来年1月までに方針転換を行うことを示した大統領であるが、議会はその方針を受け入れてはいない。20日、米上院はオバマ大統領がグアンタナモの収容所閉鎖費用として要求していた8000万ドルの補正予算を認めないとした法案を90対6の賛成多数で可決した。この法案は容疑者の国内移送も認めていない。そして、22日に米政府高官はグアンタナモに収容されていて釈放された者のうち、約14%がテロ活動に戻っているか、その疑いがあると明らかにした。米紙の報道では国防総省の報告書では海外へ移送された534人のうち約14%の74人が活動に戻っているという。

 テロとの戦いを遂行するためにグアンタナモ収容所は必要か否か。オバマ大統領は閉鎖を実行できるのだろうか。米国のテロとの戦い強化を進める安全保障政策の中でこの事案は重要な意味を持っている。


グアンタナモ湾海軍基地

大きな地図で見る








軍事報告 | trackback(0) | comment(0) |


<<[新型インフルエンザ]弱毒性と言われるが今後の脅威は | TOP | [中東情勢]パキスタンのタリバン掃討作戦>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://96483.blog59.fc2.com/tb.php/202-60690d8f

| TOP |

●訪問者数

2009年11月19日から


いままでの単純HIT数
ブログパーツUL5

●BLOG内記事検索

●プロフィール

N

Author:N
 
自衛隊、日本関連の軍事情報を中心に運営しています。

▼リンク


このブログをリンクに追加する

●最新記事

●最新コメント

●最新トラックバック

●日付別記事一覧

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

●月別アーカイブ

●カテゴリ

●注目!!!

クリックをお願いします


軍事 ブログネットワーク

単純HIT経過


QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RMT