FC2ブログ


Nの軍事ブログ

ご批判、意見、訂正など是非お願いいたします。何か情報があれば是非コメントをお待ちしております。
2009-05-15-Fri- [海賊対処]海上自衛隊P-3C哨戒機派遣命令

 15日、浜田靖一防衛相はソマリア沖・アデン湾における海賊対処のために海上自衛隊のP-3C哨戒機の派遣命令を発令した。今月18日に先遣隊が派遣される予定で28日に本隊が派遣される。6月上旬にも活動開始が見込まれる。派遣内容(装備・部隊・指揮官など)は次の通りとなっている。

▼海上自衛隊
 P-3C哨戒機2機と整備及び補給などのため約100人。P-3Cは第4航空群第3航空隊(厚木航空基地)から。指揮は福島博第3航空隊副長(1等海佐)がとる(派遣海賊対処航空隊司令として)。
※福島博1佐は第3航空隊副長と兼任で上記司令となる。15日に人事発令。

▼陸上自衛隊
 基地警備のために中央即応連隊から約50人。軽装甲機動車2台も装備として派遣。

▼航空自衛隊
 人員や機材輸送などをC-130で実施。


 派遣予定の約150人のうち40人は先遣隊として派遣される予定。P-3C哨戒機の海外任務は初めてでジブチ国際空港に拠点を置くことになる。1機が実働でもう1機は予備という扱いになる模様。

 P-3Cが派遣されることで情報収集がより効果的に行われることになる。また、統合運用の面から見れば今回のようなケースはP-3C派遣と同様に初めてのこととなるだろう。航空自衛隊の輸送任務のような輸送機と違って、P-3Cは海上自衛隊の立派な哨戒機である。武器を使用するかは別として、武器を多数搭載することはもちろん可能であり、また整備のために上記でわかるとおり多くの人員を派遣する必要がある。それを陸上自衛隊の精鋭部隊が警備することになり、航空自衛隊は必要に応じて輸送を行うというように、小規模ながらも海上自衛隊が海外根拠地を持った際の一通りの流れが出来上がっている。

 海上自衛隊が海外派遣任務でいかに重要な要素をもっているかが海賊対処での活動においてよくわかる。日本はP-3Cを多く保有しており、海賊対処での使用は非常に有効的な方法といえる。それゆえに2機とは言わずにさらに派遣してもいいのではないかと思う。整備人員も含めてである。一方、すでに海上で活動している派遣海賊対処水上部隊であるが、艦艇の大量派遣は非常に難しいと思われる(5隻以上の部隊編成)。それは海上自衛隊の艦艇の運用に理由がある。

 海上自衛隊は50隻ほどの護衛艦を保有しているが全てが今すぐ任務に就くことができるわけではない。整備などのローテーションの関係で護衛艦隊隷下の4個護衛隊群のうち即応体制が整えられているのは1個もしくは2個護衛隊群だけである。1個護衛隊群は2個護衛隊、計8隻(1個護衛隊は4隻)からなっている。護衛隊群は海外任務などで運用される機動部隊であり、日本各地での海上警備用には地方別に護衛隊が配置されている。ようするに、海賊対処や補給支援での活動で派遣できるのは8隻ほどであり、その中から海外派遣訓練なども実施しなければならないため、ぎりぎりの状況で運用がなされているのである。補給艦も同様の理由で、海賊対処で派遣できないかという政治の要求に対して難しいと海自側が示したということもあった。

 これだけ任務が増えて、厳しい状況にあるにもかかわらず、海上自衛隊は予算面でどのような扱いを受けているのか。予算では3自衛隊の中で一番低く、さらに人員が更に削減されて常に艦艇の定員割れ状況が続き、航空機も再編と称して少しづつ削減を余儀なくされている。海賊対処任務はイラク派遣のときのような国際貢献任務とは違って、国際貢献の要素も持ちながらも、国民生活に関わる海上輸送路の安定に寄与するための、日本のための、最優先任務である。そこに予算を割かないで一体どこに予算を回せば国を守れるのかという素朴な疑問が涌いてくる。何故、防衛予算だけ枠にはめられて、しかも削減されなければならないのか。本当におかしい。そのくせ、これはできないのか、あれはできないのかと要求だけは立派にしてくる。海外派遣をさせておいて、ミサイル対策などで派遣され、大地震などが日本や世界各地で起きたときには一体どう対処できるのか。おちおちドックに入っているわけにもいかなそうである笑。

 話が少しそれたが、今回のP-3C派遣に話をもどすが、部隊派遣内容など詳細が更に明らかになりしだい再びお伝えしていくつもりである。Nの司令部の特設ページ内で総合的な情報を得られるようにリンクを貼るなどしているので随時ご覧ください。

 海賊対処についてもう一つ触れておくが、政府は日本人に対する傷害や殺害などが海賊によって行われた場合の具体的対処が検討されているようだ。日経の報道では、発生現場に護衛艦が到着したのちに海上保安官が身柄を拘束できた場合、哨戒ヘリでジブチの空港に輸送し、そこから民間の航空機などで本国へ輸送することが想定されているという。


※中東情勢はまた日をあらためてお伝えします。




軍事報告 | trackback(0) | comment(1) |


<<今週の軍事報告5/10~16 | TOP | [中東情勢]イラク基地内で米兵が発砲 イラクの状況>>

comment











管理人のみ閲覧OK


相互リンクのご依頼

突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/track/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/track/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
xwiMVDkN

2009/05/16 00:52 | sirube [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://96483.blog59.fc2.com/tb.php/194-400bb55a

| TOP |

●訪問者数

2009年11月19日から


いままでの単純HIT数
ブログパーツUL5

●BLOG内記事検索

●プロフィール

N

Author:N
 
自衛隊、日本関連の軍事情報を中心に運営しています。

▼リンク


このブログをリンクに追加する

●最新記事

●最新コメント

●最新トラックバック

●日付別記事一覧

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

●月別アーカイブ

●カテゴリ

●注目!!!

クリックをお願いします


軍事 ブログネットワーク

単純HIT経過


QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RMT