FC2ブログ


Nの軍事ブログ

ご批判、意見、訂正など是非お願いいたします。何か情報があれば是非コメントをお待ちしております。
2009-04-07-Tue- 北朝鮮ロケット発射 時事通信の誤報 後半:新聞は読みますか?

 6日に北朝鮮がテポドン2号を打ち上げ、アメリカは人工衛星の打ち上げに失敗したとの見方を示している。そんな中、発射日の夜時事通信が19時1分に次の記事を更新した。

北の人工衛星、軌道に=「追跡システムで特定」とロシア

 インタファクス通信によると、ロシア外務省のネステレンコ情報局長は5日、「北朝鮮が人工衛星を打ち上げた」と確認した上で、「軌道に乗せた」と語った。さらにロシアの航空宇宙追跡システムを通じ、「衛星の軌道データが特定されている」と明らかにした。
 ネステレンコ局長は「われわれは、あらゆる関係国に対し、抑制された判断や行動を示すよう促す」と求めた。(2009/04/05-19:01)


 ところが、その後内容が書き換えられ、次のようになっている。

北が「人工衛星打ち上げ」=「追跡システムで特定中」とロシア

 【モスクワ5日時事】ロシア外務省のネステレンコ情報局長は5日、「北朝鮮が人工衛星を軌道に打ち上げた」と述べた。さらにロシアの航空宇宙追跡システムを通じ、「現在、衛星の軌道データを特定中だ」と明らかにした。
 ネステレンコ局長は「あらゆる関係国に対し、打ち上げの客観的性格に基づき、抑制された判断や行動を示すよう促す」と述べ、日米などに冷静な対応を呼び掛けた。(2009/04/05-19:53)



 Nは5日に記事を更新したが、その時に前者の記事を確認したため内容を誤ることになりそうだったが、その後時事通信の記事が更新されていることを知り、内容を訂正した。どの部分が違うかと言うと、情報局長が「軌道に乗せた」と語ったという部分である。確認したところこのような発言はしておらず、時事通信の勘違いだったことが明らかになっている。この発言を見れば、ロシアが、北朝鮮が衛星を軌道に乗せたことを確認したということになり、大きく内容が異なってくる。この指摘は、軍事を扱っているブログ「週刊オブイェクト」さんでされている。週刊オブイェクトはNなどは比にならないような軍事知識をもってしてJSF氏が運営しているブログである。そちらのほうが詳しく、的確に掲載されているので是非ごらんいただきたい。

 ちなみに、前者の文面をGoogleで検索し、記事のキャッシュを見ると、前者の記事がまだ残っているのでこの誤報を見たければどうぞ。

 また、時事通信は通信社であるから、各報道機関にこの情報が配信され、他のメディアもこの情報を流し、そのままである。この誤報に関係なく、データを特定中としていたロシアは衛星を軌道に乗せられなかったとしており、アメリカの見解と一致している。

 時事通信の記事書き換えは今に始まったことではない。ネットに記事が掲載された後、度々書き換えが起こることが多々ある。特に、最近Nが見た中でひどいと思ったのは、先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議の際に日本政府がIMFに最大1000億ドルを拠出するという記事でのことである。次の記事は現在検索してでてくる記事である。

IMF拠出で署名=過去最大の1000億ドル-中川財務相

 【ローマ13日時事】中川昭一財務・金融相と国際通貨基金(IMF)のストロスカーン専務理事は13日、日本政府がIMFに最大1000億ドル(約9兆円)を拠出する取り決めに正式に署名した。IMFの資金基盤を強化し、金融危機を受けた加盟国への資金提供などを後押しする。
 日本政府は昨年11月の主要20カ国・地域(G20)金融サミット(首脳会合)で、麻生太郎首相が提案の目玉として表明していた。(2009/02/14-10:03)



 ところが、当初は次のような記事であった。

IMF拠出で署名=過去最大の1000億ドル-中川財務相

 【ローマ13日時事】中川昭一財務・金融相と国際通貨基金(IMF)のストロスカーン専務理事は13日、日本政府がIMFに最大1000億ドル(約9兆円)を拠出する取り決めに正式に署名した。IMFの資金基盤を強化し、金融危機を受けた加盟国への資金提供などを後押しする。
 日本政府は昨年11月の主要20カ国・地域(G20)金融サミット(首脳会合)で、麻生太郎首相が提案の目玉として表明していた。 
 加盟国支援が必要になった場合、要請を受けた日本が約100兆円の外貨準備からIMFに貸し付ける形で拠出する。加盟国による資金提供としては過去最大で、ストロスカーン専務理事は「人類の歴史上、最大の貢献だ」と謝意を表明。財務相は「有効活用を期待したい」と述べた。(了)
(2009/02/14-10:03)



 後半の部分が丸々削除されているのである。日本の大きな功績であるはずの内容がなぜか消されている。何故消さなければならなかったのか。それに、大きな功績であるこの内容の報道は大きく報道されず、中川前財務大臣のあの会見を繰り返し流すことでほとんど打ち消されてしまっている。因みに、読売新聞を確認してみたが、小さな枠の記事で、数行書かれているだけであった。

 軍事とはあまり関係なくなってしまったが、そんな中、6日のFC2トラックバックテーマ第709回「新聞は読みますか?」というのをたまたま目にした。

こんにちは!トラックバック担当本田です!
今日のテーマは「新聞は読みますか?」です。

今日は4月6日、新聞を読む4(よ)6(む)日だそうです。
新聞を読みなさい!と言われ続けた本田ですが、
結局新聞を読む習慣は中々つきませんでした^-^;
そうしている内に大人になった現在は、
インターネットのニュースサイトなどで情報収集をしています。
しかし、興味のあるページしか開かないので
...
第709回「新聞は読みますか?」




 Nもネットでニュースが簡単に見られるようになってから、新聞よりもネットのほうが便利であると思っていた。しかし、ネットでは得られない情報が新聞に載っているのである。それはつまりどういうことか。新聞はネットのように記事が綺麗に並んであるわけでなく、大きな記事から小さな記事まで様々である。つまり、その記事の大きさからその新聞が強調したいことだけではなく、様々な新聞を確認することでメディアが伝えたいニュースとあまり伝えたくないニュースがわかるということである。

 一面に載るようなことは誰でも知っていることであるから、みるほうはあまり重点を置く必要はない。3面や4面の小さな記事に注目して、ネットで調べてみると案外重要なことであったりすることもある。日本の貢献をどういうわけか小さく報道したりということがわかったりする。何故こんなことが起こるのかわからないが、新聞ではネットではわからないメディアの「特性」がわかったりもする。中川前財務大臣のあの会見も、当初産経新聞にしか写真掲載許可が下りず、他の新聞も小さく報道している。しかし、テレビであの映像が流れて以来、新聞でも大きく問題としてとりあげた。

 とにかく、ネットでの情報収集も便利だが、本質を知りたければ新聞も読んだほうがよいのでは?という素人の戯言でした。




コラム | trackback(0) | comment(1) |


<<今日の報告20090408 | TOP | 北朝鮮「銀河2号」打ち上げ実施>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人さん、司令部改編楽しみにしていますよ。

2009/04/07 21:16 | 越住 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://96483.blog59.fc2.com/tb.php/162-2861b5af

| TOP |

●訪問者数

2009年11月19日から


いままでの単純HIT数
ブログパーツUL5

●BLOG内記事検索

●プロフィール

N

Author:N
 
自衛隊、日本関連の軍事情報を中心に運営しています。

▼リンク


このブログをリンクに追加する

●最新記事

●最新コメント

●最新トラックバック

●日付別記事一覧

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

●月別アーカイブ

●カテゴリ

●注目!!!

クリックをお願いします


軍事 ブログネットワーク

単純HIT経過


QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RMT