FC2ブログ


Nの軍事ブログ

ご批判、意見、訂正など是非お願いいたします。何か情報があれば是非コメントをお待ちしております。
2009-03-14-Sat- 海賊対処護衛艦出港 護衛艦は海賊対処仕様

 14日、ついにソマリア沖・アデン湾における海賊対処のために護衛艦が呉基地から出港した。護衛艦は「さみだれ」「さざなみ」の2隻で派遣部隊指揮官は第8護衛隊司令の五島浩司1等海佐である。式典には麻生総理大臣、浜田防衛大臣や泉海将(自衛艦隊司令官)も出席した。


五島浩司1佐
shukkou1


 ここで少し海賊対処仕様に替わった護衛艦を見てみよう。まず、各護衛艦にSH-60K哨戒ヘリが2機搭載されている。

shukkou2

 そして、演習でも使われていた特別機動船(RHIB)が本来内火艇が設置されている場所に搭載されている。

shukkou3

 さらに、防弾版が新たに設けられ、12.7ミリ機関銃が4基設置されている。これは接近戦に対応するためである。以下の画像では、画像中央左に防弾版、右に特別機動船が見られる。

shukkou5

 また、長距離音響発生装置(LRAD)も搭載されている。これは実際に海賊対処にも効果を出したこともあり、さらにシーシェパードの捕鯨妨害活動にも使用され、成果が上がっている。

 護衛任務は4月上旬にも行われる見通しで、拠点はジブチに置かれる。ただ、読売の報道では国土交通省海事局に新設された「海賊対策連絡調整室」に護衛を希望する船舶の登録を求めたところ、2595隻もの登録があった。護衛艦2隻では対応できない可能性が大であり、海賊対処新法の成立と更なる護衛艦派遣の期待が大きくなるところである。

shukkou4

(画像は全てNHKニュースからキャプチャさせていただきました。)

 また、今回の派遣で注目されることの一つに特別警備隊(SBU)の派遣がある。特別警備隊は海上警備行動の発令された1999年の能登半島沖不審船事件を機に創設されたものである。その海上警備行動に基づく活動で、特別警備隊は日本から遠く離れたソマリア沖に派遣されることになった。警告射撃などの精密射撃が求められる今回の派遣では、SBUの高い射撃能力を生かして任務に当たるということのようである。ただ、もちろんそれだけでなく海賊船への移乗なども行う可能性もある。特別警備隊の活動にはこれからも注目していきたい。

 海賊のみならずシーレーンを確保するというのは日本にとって現状では必須事項である。国際法に認められる形で海上警察権を行使し、日本国のシーレーンの安定に寄与することは自衛隊の活動にとって大きな前進になったといえるだろう。そして、今回8人の海上保安官が派遣されるが、更に海上保安庁との連携をより一層強化するよい機会となることは間違いない。共通の目的を持ちながら、役割を少しずつ明確にしていくことで、海上保安庁との協力体制をこれからも構築して行くことが重要である。

 今回の派遣で、現場では緊張を強いられ、指揮官には的確で重大な判断を迫られることになるであろう。しかし、何よりも自衛官の無事を祈り、わが国の生活を守るためにも任務の無事遂行を願いたい。




軍事報告 | trackback(0) | comment(0) |


<<今日の報告20090316 | TOP | 海上警備行動発令される>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://96483.blog59.fc2.com/tb.php/135-62c8a59d

| TOP |

●訪問者数

2009年11月19日から


いままでの単純HIT数
ブログパーツUL5

●BLOG内記事検索

●プロフィール

N

Author:N
 
自衛隊、日本関連の軍事情報を中心に運営しています。

▼リンク


このブログをリンクに追加する

●最新記事

●最新コメント

●最新トラックバック

●日付別記事一覧

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

●月別アーカイブ

●カテゴリ

●注目!!!

クリックをお願いします


軍事 ブログネットワーク

単純HIT経過


QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RMT