FC2ブログ


Nの軍事ブログ

ご批判、意見、訂正など是非お願いいたします。何か情報があれば是非コメントをお待ちしております。
2009-03-10-Tue- 今日の報告20090310

 先日、音響測定艦(海洋調査艦)に関する記事を掲載したが、今日、それに関する事件がが報じられた。

●米海軍海洋調査艦、中国艦船に妨害される
 8日、東シナ海でインペッカブル級海洋監視艦の「インペッカブル」が5隻の中国艦船に妨害行為を受けた。中国の艦船は海軍の情報収集艦、漁業取締船、海洋パトロール船、2隻小型トロール漁船だったという。詳細は各報道かNの軍事ニュースをご覧ください。

  以上だけでなく、米国防省の発表では3月4日に海洋監視艦ヴィクトリアスが強力なライトを照射されている。(MSN産経ニュースの報道ではヴィクトリアスもしくはビクトリアスと言うべきところをビクトリアと誤っている)


Impeccable 2

Impeccable 1
以上2枚は8日のもの

Impeccable 3
海洋監視艦インペッカブル

(画像は全て米海軍より)
 上2枚の画像は確認した限り米海軍、米太平洋艦隊、第7艦隊それぞれのサイトに掲載されていた。国防総省がインペッカブルやヴィクトリアスの件を発表したため、今後中国による反発が予想される。中国側は早速インペッカブルが国際法と国内法に違反していると主張している。

北朝鮮のミサイル、「着弾防ぐのは当然」と防衛省幹部(読売)
 最近の報道で迎撃は「政治決断」というようなことが言われているが少し違和感を感じた。自衛隊法では、日本の領土や領海に着弾する場合、ミサイル等の迎撃を行うことができるとされている。「国民の生命と財産」に危険が及ぶ可能性がある場合迎撃を行うのは当然ではないのだろうか。しかし、それが何故政治決断になるのか。報道の文脈ではわからないが「政治決断」は何に対するものなのか。日本(領土・領海)以外に落下する恐れがない場合は迎撃できないわけであるから、「政治決断」の対象にはならないはずである。よって、日本に落ちる場合の迎撃において「政治決断」が行われると考えると、当然迎撃すべきである話であるからおかしいと思うのはNだけだろうか。

●自衛隊若手幹部(尉官級)の訪中について(防衛省発表)
1 3月11日(水)から17日(火)の間、中国側の招聘により自衛隊若手幹部(尉官級)等15名が中国を訪問する予定。

2 本件は、一昨年12月及び昨年5月の日中首脳会談の合意事項。自衛隊若手幹部と中国人民解放軍青年将校との相互訪問を通じて、防衛当局間の相互理解及び相手国への理解を深めることを目的とするもの。

(参考)中国側の訪日の状況
 平成20年9月に中国人民解放軍青年将校団が訪日




今日の報告 | trackback(0) | comment(0) |


<<音響測定艦に関する報告 そして優秀な監視団体 | TOP | 今日の報告20090309>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://96483.blog59.fc2.com/tb.php/129-71f36b29

| TOP |

●訪問者数

2009年11月19日から


いままでの単純HIT数
ブログパーツUL5

●BLOG内記事検索

●プロフィール

N

Author:N
 
自衛隊、日本関連の軍事情報を中心に運営しています。

▼リンク


このブログをリンクに追加する

●最新記事

●最新コメント

●最新トラックバック

●日付別記事一覧

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

●月別アーカイブ

●カテゴリ

●注目!!!

クリックをお願いします


軍事 ブログネットワーク

単純HIT経過


QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RMT