FC2ブログ


Nの軍事ブログ

ご批判、意見、訂正など是非お願いいたします。何か情報があれば是非コメントをお待ちしております。
2009-02-21-Sat- 中央情報隊長更迭 自衛隊の情報部隊

 防衛大臣直轄部隊である陸上自衛隊中央情報隊の隊長が、インターネットの不適切な利用によって更迭された。更迭されたのは市川卓治陸将補である。現在は陸上幕僚監部付となっている。陸将補は第1師団司令部幕僚長の後平成18年3月の人事で情報本部情報官、平成19年3月の人事で陸将補に昇任した後に初代中央情報隊長になった。

 中央情報隊は2007年3月28日に創設された防衛大臣直轄部隊である。隷下に基礎情報隊、地理情報隊、情報処理隊、現地情報隊を置く。現地情報隊は実際に自衛隊の海外派遣の際に、現場で情報収集などを行っているとされている。陸上自衛隊には2010年3月に、普通科や機甲科などと同じ新たな職種として「情報科」が創設予定である。

 海自と空自には防衛大臣直轄の情報部隊はない。そのかわり、海上自衛隊には自衛艦隊隷下に情報業務群(Fleet Intelligence Command)、航空自衛隊には航空総隊隷下に作戦情報隊(Air Intelligence Wing)が存在する。情報業務群は1997年に創設され、横須賀に司令部を置き、隷下に作戦情報支援隊、基礎情報支援隊、電子情報支援隊をもつ。

作戦情報支援隊の編成に関する訓令

 航空総隊作戦情報隊は府中基地にあり、航空総隊の作戦に関する情報を扱っている。そして、平成22年度中に在日米軍再編にともない、作戦情報隊は航空総隊司令部の横田基地への移転に伴いともに移転することが決まっている。作戦情報隊は、航空総隊にとって重要な部隊であることに間違いない。

作戦情報隊
(航空自衛隊より)

 Wikipediaなどの表面的な情報ではこの2つについて詳しいことは書かれていないが、海外への情報収集などに人員を派遣しているのかもしれない。これらの情報部隊でなくとも、海自は補給活動、空自はイラクでの輸送活動を実施しており、イラク戦争などの開戦時に事前に人員を派遣していたこともあるだろう。

 中央情報隊長の話に戻るが、情報本部で任務を行い、陸将補まで昇進して初代中央情報隊長になったにも関わらず、インターネットの不適切な利用でキャリアが台無しになってしまうのは本当にもったいない。しかし、中央情報隊長がこのような件で更迭されるというのは情けないことである。自衛隊にとってマイナスになるようなことはないように他の自衛官の方には注意をしてほしい。また、現在自衛隊では情報保全を行うために私物のパソコンの使用が基本的に禁止されている。これからも情報管理には十分に気を払い、保全を行って行く必要がある。今回の件は残念なことであった。




軍事報告 | trackback(0) | comment(1) |


<<US-2量産初号機配備 岩国基地 | TOP | 海賊対策訓練 海自と海保>>

comment











管理人のみ閲覧OK


自衛隊内、いやこれは政府内にも云えることですが、部外環境に接続しない部内限定回線のような通信手段を持ち得ないものでしょうか。

2009/02/21 23:05 | 玉 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://96483.blog59.fc2.com/tb.php/113-24933d42

| TOP |

●訪問者数

2009年11月19日から


いままでの単純HIT数
ブログパーツUL5

●BLOG内記事検索

●プロフィール

N

Author:N
 
自衛隊、日本関連の軍事情報を中心に運営しています。

▼リンク


このブログをリンクに追加する

●最新記事

●最新コメント

●最新トラックバック

●日付別記事一覧

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

●月別アーカイブ

●カテゴリ

●注目!!!

クリックをお願いします


軍事 ブログネットワーク

単純HIT経過


QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RMT