FC2ブログ


Nの軍事ブログ

ご批判、意見、訂正など是非お願いいたします。何か情報があれば是非コメントをお待ちしております。
2009-02-12-Thu- 国務長官訪日 自衛隊イラク再派遣も?

 来週月曜日、2月16日にアメリカのクリントン国務長官が訪日する。今後、クリントン国務長官やオバマ大統領の訪朝のための地ならしであると思われるが、水面下では再度新たな要請があるかもしれない。

 2月9日のCNNの報道で、オバマ大統領がイラク撤収及びアフガニスタンへの米軍増派の決定を延期したということが伝えられた。また、オバマ大統領の就任前の公約では、就任から16カ月でイラクから軍を撤収するとしていたが、ペンタゴンは19カ月と23カ月という選択肢を提示した。正式に決定されてはいないが、米軍の提示した選択肢になるのではないだろうか。

 また、オバマ大統領は今後イラクからの軍撤退とともに、アフガニスタンへの兵力増強を実施する予定であり、各国への要請をするものと思われる。要請をする以前に、先日ドイツで行われた国際安全保障会議でも各国でアフガニスタンについて話し合われ、浜田防衛大臣も、今後自衛隊の活動について検討を進めるとした。

 そこで、再び話は戻るが、国務長官訪日の際に水面下で非公式にアフガニスタンへの自衛隊派遣について要請があるものと思われる。また、クリントン国務長官は民主党の小沢氏との会談も予定している。総選挙後の民主党政権ができることを見越して、アフガニスタンなどの支援に関して話し合いが行われる可能性もある。小沢氏はアフガニスタンにおける国際治安支援部隊(ISAF)への自衛隊派遣に関して以前に意見を述べており、民主党の対応も注目される。

 現在の状況を表面だけ見れば、軍事的な協力ではなく、非軍事の貢献の方が期待されるかもしれない。というのも、1月29日の共同通信によるアフガニスタン第1副大統領ジア・マスード氏への単独会見で、マスード氏は米軍の増派で兵力は十分としたうえで、日本の部隊派遣は歓迎はするものの必要はないと述べた。自衛隊派遣に関して一層の議論が日本国内で行われることになるだろう。ただ、今回の国務長官訪日で、陸上での部隊派遣は無いにせよ、海上自衛隊による海上阻止活動や航空自衛隊による輸送支援などの要請が行われる可能性は十分に考えられることである。

 また、クリントン氏の訪日の際にアフガニスタンに留まらず、イラクに関する要請もあるかもしれない。米軍がイラクから撤退したのちの復興支援を継続する過程で治安の悪化が再び起こる可能性もある。そこで、米軍撤退後は外国が建設する諸施設への警備などを目的として各国の独自の軍派遣にて治安を維持するということになる可能性もある。これはあくまでも推測にすぎないが、イラクへの自衛隊再派遣も将来的にはありえるかもしれない。




コラム | trackback(0) | comment(0) |


<<「大国」の狭間で | TOP | 個人的に好きなAC-130>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://96483.blog59.fc2.com/tb.php/109-d27cdd7f

| TOP |

●訪問者数

2009年11月19日から


いままでの単純HIT数
ブログパーツUL5

●BLOG内記事検索

●プロフィール

N

Author:N
 
自衛隊、日本関連の軍事情報を中心に運営しています。

▼リンク


このブログをリンクに追加する

●最新記事

●最新コメント

●最新トラックバック

●日付別記事一覧

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

●月別アーカイブ

●カテゴリ

●注目!!!

クリックをお願いします


軍事 ブログネットワーク

単純HIT経過


QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RMT