Nの軍事ブログ

ご批判、意見、訂正など是非お願いいたします。何か情報があれば是非コメントをお待ちしております。
------------ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009-11-27-Fri- 防衛予算は事業仕分けに適していたのか

 行政刷新会議で事業仕分けが行われる中、防衛予算についても議論が行われました。しかし、防衛大臣からは批判が出ています。

軍服海外調達「聞いたことない」=防衛相

 北沢俊美防衛相は27日午前の記者会見で、行政刷新会議の「事業仕分け」で自衛隊の制服購入費が海外調達などによる縮減を求められたことについて「軍服を海外に依存するなんて話は世界中で聞いたことがない。その国と危険な状態になったら、おんぼろ服で事に臨むのか」と批判、「経費削減だけで論じている。論点がずれている」と語った。 
 自衛官の増員要求が認められなかったことについても「一般公務員と、国防の任務に就く人とを、同列に論じている」と疑問を呈した。(2009/11/27-10:26)



 北沢防衛大臣に関しては、過去に訓示や答弁などでは腑に落ちない点がいくつかありましたが、防衛大臣に就いて以来防衛省・自衛隊のために仕事をしていると国民の一人として感じています。今回もきちんと防衛大臣として事業仕分けについて反論をしています。まあ、これは防衛大臣でなくても普通に考えて制服を海外(中国など)で作ってもらえばいいなんてことを言うほうがおかしいと思いますが・・・。

 事業仕分けでは素人が議論を行い、国防体制を基本から維持していくということを考えずにとにかくなんでもいいからコストを減らすことしか考えておらず、しかも短時間で結論を出しています。防衛予算はこんな適当な議論で結論が出されるべきではありません。防衛大綱を先送りしたからには、もう一度民主党としての国防方針を立て、それに基づいて見識ある政治家やまともな専門家を交えて防衛予算の細部を議論すべきであり、あんな事業仕分けで簡単に見直しと言われてもも防衛省も国民も納得できません。防衛大臣がそれを代弁してくれています。今後中身のある議論がなされることを期待したいと思います。

 さて、議論の内容ですが注目したのは、自衛官の実員増要求と備品、被服、銃器類・弾薬のコストについてです。ちなみに今回の防衛省関連の事業仕分けは第3会場で行われ、行政刷新会議サイトに評価コメントが掲載されています(以下全てPDF)。

自衛官の実員増要求(評価コメント)
備品、被服、銃器類・弾薬のコスト(評価コメント)
装備品の調達(評価コメント)

 「自衛官の実員増要求」では防衛省は護衛艦などの第一線部隊に対して約3500人の増員(72億円)を要求しました。評価は「来年度予算への」計上は見送り」となりました。まったく納得できない話です。特に海上自衛隊に絞って言えば護衛艦人員の定数割れが起こっているのが現状です。それゆえに海賊対処任務や補給支援任務へ派遣される護衛艦の定数を満たすために人員を他から集め、しわよせが他にまでわたっています。それがいまだに解決されずにいるというのは大きな問題です。評価者コメントでは国家公務員の人員削減の「聖域」になっているという意見がいくつかありましたが、そもそも他の公務員と同列に扱うことこそ問題であり、聖域やらなんやらというような話ではないのではないでしょうか。自衛隊は一人ひとりが戦力であり、特に護衛艦に限って言えば定数を満たしてこそそれの持つ力を最大限発揮できるのです。もし増員が認められないようならば、陸自の人員配分を海自にまわして護衛艦の定数を満たす必要があると考えます。陸自も人が足りないといいますが、もとの比率が多すぎるのであってそれぐらいの配分変えならば「効率化」の範疇ではないでしょうか。

 次は備品等のコストについてです。備品については徹底してコストを抑える努力をすべきです。必要のないものも厳しく見ればあるかもしれません。ただ、予算への大きな影響はないでしょう。被服については当然今までどおりにやるべきです。自衛官に対して十分に被服や個人装備品は供給すべきであり、海外特に中国などから輸入してコストを抑えろなどという話はする必要もありません。輸入するとすれば欧米西側諸国に限らねばなりませんが。銃器類・弾薬に関しては次のようなコメントがありました。

「国内にこだわる時代でもないと思われる。」
「カラシニコフについて検討したとの事であるが、有事の対応についての検証が必要ではないか。
必要であれば口径変更を含めて(口径ありきでの選択ではなく)。輸入調達の導入・拡大にあわせ
て、調達銃器の妥当性の検討(例:1 億~2 億丁作ったといわれているカラシニコフ機関銃)。」


 89式小銃の価格が高いのは調達数が毎年少しずつしかないからであり、大量生産・一括調達を行えば単価を下げる余地はありませんか?どこからカラシニコフを導入すべきという話になるのでしょうか。そもそも実戦で使用できない、輸出もできない、買ってくれる国もないという小銃やらなんやらのコストを抑えろというのが無理な話だとは思いますが。輸出されている主要な小銃と言えば、米国のM16、英国のL85、仏国製FA-MAS、AK-47などでしょうか。これらはそれぞれの国が多くの輸出先を持っており、安価で実用性があるものばかりです。もし選ぶとしたらこの中のものになるのでしょうか。日本としては日本人の自衛官に合った小銃を国産で生産できるというのが強みになっているのではないでしょうか。

 最後は装備品の調達ですが、判断が下されず政治に任せるということになりました。賢明な判断に思えます。素人に決められたら大変ですからね。建設的な議論と総合的な判断を期待したいと思います。ただ、22DDH(ヘリ搭載護衛艦)、TK-X、P-1哨戒機などに関しては予算が認められない可能性が十分にあります。

 やはり軍事に関してはきちんとした知識と経験をもった専門家や政治家が議論を行うべきだとあらためて感じました。とにかく、他と防衛関連事項を一緒にするべきではありません。まともな議論ができるような体制を整えてほしいと思います。


▼参考リンク
行政刷新会議




スポンサーサイト

コラム | trackback(0) | comment(0) |


2009-11-26-Thu- PAC-3追加配備をどうするのか 今後の国防を再び考える

 防衛省は来年度から5ヵ年で3個高射群へのPAC-3配備を計画しています。すでに進行中の計画では第1、2、4高射群に配備することになっており、すでに配備は進んでいます。来年度予算に盛り込むかどうか検討されている今回の計画では残りの3個高射群にも配備を行い、全国に展開するというものです。しかし、社民党や民主党の閣僚や党内部から慎重論が出ており、追加配備が行われない可能性もあります。また、平成22年度予算では防衛力維持に必要な人員の確保も盛り込まれている模様です。

 ここで考えなくてはならないのはPAC-3の追加配備は必要なのかどうかということだけはありません。日本におけるミサイル防衛を包括的に考える必要があるでしょう。目先の予算だけにとらわれずに今後何年、何十年の視野で検討しなければなりません。これは国防戦略こそ国家戦略として長期的視野でたてなければならないということと同じことでしょう。当然なことではありますが、ミサイル防衛を今後長期的にどのような形にしていくのかということを決めた上で予算に盛り込まなくてはなりません。

 実際にどのような内容かと言えば、例えば今後SM-3をあたご型イージス護衛艦などへ搭載するために更なる改修を行うのか、THAADミサイルを導入するつもりがあるのかなどです。ミサイル防衛を確実なレベルまで持っていくつもりがあるならば、SM-3、THAAD、PAC-3の3段階として運用できるまで徹底してやるべきでしょう。きちんとした計画をたてられないようであれば、今後PAC-3を配備してそれで終わってしまったらMD体制は脆弱なままで意味を成さなくなります。それならば今のうちにやめるべきです。膨大な予算を使うのですから。

 徹底してやるか、これ以上やらないか。中途半端で終えるのが一番無駄なことでしょう。ミサイルを配備してそれで終わりではありません。ミサイルやソフトウェアは常に性能を高め、防衛能力向上に寄与していきます。また、レーザー兵器やABLの研究などこれも長期的かつ継続的に行わなければならないものもあります。一度導入したら継続が重要なのです。すぐに結果が出なければ「無駄」として扱われてしまうような現在の状況では、これらがきちんと議員に理解されることは残念ながらないでしょう。ですから、最初に述べたようにきちんとしたMD戦略をたてるべきだという意見を申しているわけです。計画によっては今後何年にもわたって膨大な予算が必要になります。3段階構想でやるつもりがあるのならば、通常の防衛予算ではなく、MD予算として別枠に設けることも検討しても良いかもしれません。そして、今の技術で言えば予算をつけた分だけ確度の高いものとなって返ってくるでしょう。もっとも、防衛予算について長期的に検討できず、目先の金が目的で議論が行われるようなレベルでは以上のことを検討する以前の問題ですし、民間の科学的な研究すらやめさせられるような状況では国防関連の研究についてなどまともな議論が行われるとは思えませんが。

 民主党政権になってMDが推進されると期待されていたもののどうやら無理なようです。パシフィック・パートナーシップへの参加やスーダンへの部隊派遣など海外への派遣を行う検討はしても、自衛隊の一番の目的である「国防」がいい加減になってしまっては話になりません。防衛費は削減するけれども任務は増やす。自民党がここ10年でやってきたことと同じでしょう。しかし、自民党は防衛大綱の改定を年末に予定し、軍縮をやめる方向へ転換する予定でした。それが政権交代でつぶれ、更に軍縮を続けるこの状況には黄色信号点灯とでも言っておきましょうか。もちろん自民党の今までの国防政策がよかったとは言えないでしょう。結果として軍縮して終わったわけですから。何もできないまま没落したのです。

 「効率化」「合理化」という言葉はもう聞き飽きました。防衛費・人員削減の名目で今まで使われてきた言葉です。どこまで効率的な運用をすればいいのでしょうか。弾薬を使わなければいいのでしょうか。燃料費がないから航空機を飛ばさなければいいのでしょうか。89式小銃を配備しなければいいのでしょうか。訓練を行わなければいいのでしょうか。広報活動でお金を徴収すればいいのでしょうか。本当に効率的な予算を組むつもりなら、装備品の単価を抑え、その分実戦的な訓練につぎ込んで戦力を維持する方向へ導いてほしいものです。どのような方策をとればいいのかを、素人のNが詳しく判断することはできません。しかし、今抱えている問題が防衛費や人員を削減することで解決できるということはないということだけは断言できるでしょう。




コラム | trackback(0) | comment(0) |


2009-11-21-Sat- TV番組のお知らせ

 明日のTV番組のお知らせです。

2009/11/22 12:45~13:25 日本テレビ

▼秒ヨミ!
3年に一度開かれる海上自衛隊の観艦式。観閲するのは菅副総理大臣。一世一代の大舞台、緊張の観艦式に密着!知られざる隊員のチームワークとその生活ぶりを一挙大公開。
10月27日海上自衛隊護衛艦くらまが、関門海峡で韓国籍タンカーと接触し、炎上。その57時間前、「くらま」も参加した海上自衛隊のビックイベントが開催されていた。3年に一度開かれる海上自衛隊の「観艦式」。40隻の艦艇、43機の航空機が全国から集結。観閲するのは菅副総理大臣。一世一代の大舞台、緊張の観艦式に密着!知られざる隊員のチームワークとその生活ぶりを一挙大公開。

出演
宮根誠司



 期待できそうです。




告知・広報・返事 | trackback(0) | comment(0) |


2009-11-20-Fri- 米海軍公開画像から見たANNUALEX 21G

 米海軍が公開している画像から海上自衛隊と米海軍の共同演習(ANNUALEX 21G)を見ていきます。

 海上自衛隊発表では今回の海上自衛隊演習(米海軍との合同演習も含む)への参加艦艇は約30隻、航空機は約60機となっています。最初に米海軍が公開している画像から確認できた海自艦艇を書き記します。

●護衛艦
181ひゅうが、142ひえい、173こんごう、176ちょうかい、178あしがら、132あさゆき、127いそゆき、128はるゆき、171はたかぜ

●その他
掃海艦つしま、掃海艇ししじま、輸送艦しもきた、LCAC


 では日を追って訓練の一部を見ていきます。


▼11月12日 フィリピン海
 最初は掃海艦つしま(MSO-302)から。
 USS Tortuga(ドック型揚陸艦トーテュガ)の進路を掃海する訓練中のつしま。

掃海艦つしま


▼11月13日 太平洋 ジョージワシントン艦上 
 報道陣への訓練公開。岡部いさくさんもいますね。インタビューを受けているのは第5空母航空団司令Ross A. Myers大佐。

ae報道



▼11月14日 フィリピン海
 USS Essex(強襲揚陸艦エセックス)のウェルドックへの進入を行うLCAC2104。

lcac1


 掃海艇ししじま

掃海艇ししじま


▼11月17日 太平洋
 ひゅうが

ひゅうが2

ひゅうが3

ひゅうが

 護衛艦ひゅうがです。高画質画像は米海軍サイトにありますが、ヘリが4機甲板にいるのが確認できます。SH-60J/Kそれぞれ2機ずつですね。これは壁紙にできそうな画像です。昨日の記事に掲載した画像でも4機確認できますね。

 輸送艦しもきた

輸送艦しもきた

ttt


 LCACはエセックスとしもきたで両方のウェルドックへそれぞれ派遣されたようです。


 イージス護衛艦あしがらとこんごう

イージス


(画像は全て米海軍より)


 海上自衛隊演習の一環ということだけあって、確認できただけでもかなり豪華な布陣ですね。ひゅうがは初めての参加でしょうし、イージス護衛艦が3隻確認できました。また、実戦配備されているDDHで現在唯一稼動可能な「ひえい」も参加しています。というのも、ひゅうがはまだ訓練中で、はるなは退役、しらねは現在定期修理中で今月4日から8ヶ月間ドック入り、くらまは先月の衝突で復帰未定、そしてひえいは来年1月に年次検査に入り実質稼動可能なDDHはゼロになるということです。


▼関連リンク
ANNUALEX 20G(Nの司令部ページ)





軍事報告 | trackback(0) | comment(0) |


2009-11-19-Thu- パシフィック・パートナーシップへの本格参加を検討

 人道支援に自衛隊派遣を検討(NHKニュース)

防衛省は、鳩山総理大臣が掲げる「東アジア共同体構想」の実現に向けた取り組みの1つとして、東南アジア地域でアメリカ軍が中心になって進めている人道支援活動に部隊と艦艇を参加させる方向で検討をはじめました。

自衛隊の参加が検討されているのは、アメリカ軍が中心になって東南アジア地域で進めている「パシフィック・パートナーシップ」と呼ばれる人道支援活動です。この活動は、スマトラ島沖の巨大地震など東南アジア地域で自然災害が相次いだことを受けておととしから始まったもので、アメリカ軍は、海軍の艦艇で各国を訪問し、医療支援や土木作業などの人道支援活動や地元の人たちとの文化交流を行っています。活動には、カナダやオーストラリアなどアジア太平洋地域の各国が軍医などを派遣しているほか自衛隊もこれまで医師の資格を持つ隊員2人を派遣したことがあります。防衛省は、鳩山総理大臣が掲げる「東アジア共同体構想」の実現に向けた取り組みの1つとしてこの活動への参加の規模を拡大し、来年度から陸上自衛隊の衛生部隊と海上自衛隊の輸送艦を派遣する方向で検討を本格化させることにしています。




 NHKニュースはすぐに消えてしまうので全文を引用させていただきました。米太平洋軍が行っているパシフィックパートナーシップ(Pacific Partnership)についてはつい最近どこかで見た気がしたので、録画してあった動画を確認したらよい資料がありました。このブログでも何度も紹介したことのある「日高義樹のワシントン・リポート」です。ブルーリッジ艦上からのリポートでした。これから以下に今年7月に放送された分からキャプチャを画像と字幕の書き起こしを紹介します。番組の簡単な内容は過去の記事からご覧ください。




pp1

大尉:パートナーシップ作戦は2004年の津波災害の支援から始まりました。英国、日本、フランス、チリ、カナダなど各国との共同作戦です。人道支援作戦です。技術、医療、家畜、歯科など幾つかの項目があり地域の小さな国々が利用できる。我々は地域に出掛けて、学校、水道などをつくる。医療、歯科のチームも連れていきます。

pp2

日高:これはアメリカ政府が認可したもの?
大尉:そうです。
日高:日本など各国も支援している?
大尉:ええ、第7艦隊に本来は備わっていない能力を提供する事で・・・。医療チームが加われば、それぞれの国で我々が行う任務の規模が拡大します。

pp4

大佐:それが、この「パートナーシップ」のテーマの一部なのですよ。災害が起きた場合に一緒に計画し活動する。 同じような組織を選び出し一緒に行動する国々と協力し合う。

pp3

日高:すると、協力するのは海軍とは限らない?

pp5

士官:ほとんどが海軍ですが、政府と言って良いでしょう。支援は海軍からが、ほとんどです。

pp6

士官:去年、日本から加わったのは海上自衛隊の外科医と歯科医でした。

pp7pp8

日高:予算は別立てですか?日本の国家予算はこうした活動に対する予算を含んでいない。その時々で出す。津波災害があれば海上自衛隊の司令官が政府に予算を要請する。そこが違いますね。初歩的な質問ですが・・・。

pp9

女性士官:太平洋軍司令部からこの作戦に対してお金が出ます。すべて一緒になっている・・・。第7艦隊が作戦を実施しますが予算は太平洋軍に対して米国政府から出ています。



 登場人物ですが、最初の画像の士官を「大尉」、日高義樹氏を「日高」、アランリードナー大佐を「大佐」、大佐の隣にいる士官(たぶん大佐?)を「士官」、最後の女性士官を「女性士官」としました。

 この場面では日高氏が詳しいところまで質問してメモまでしていました。また、NHKの報道のとおり海自の医官2人が派遣されていることも確認できます。PACIFIC PARTNERSHIP 2008のサイトでもここに掲載はしませんが画像がありました。病院船MERCY(マーシー)へ外科医と歯科医(両名2佐)が派遣されているようです。また、これも米海軍サイトからの情報ですが、今年はサモアの首都アピアに一等海尉が派遣されているようです(参照)。

 現在海上自衛隊は輸送艦「おおすみ」の派遣を検討しているようで、また、医療設備を備えるましゅう型補給艦の派遣もされるかもしれません。「友愛ボート」なる名前は二度と使ってほしくはありませんが、こういった活動への参加は積極的に行うべきです。ただ、口先だけで派遣を明言するだけでなく、それより先に長期的視野で輸送艦や補給艦の増強を検討すべきでしょう。予算や人員の増強もです。

 最後に、以下に関連リンクを掲載しておきます。

PACIFIC PARTNERSHIP 2008
アメリカ太平洋軍




軍事報告 | trackback(0) | comment(1) |


2009-11-19-Thu- ANNUALEX 21G 海上自衛隊・米海軍共同演習

 海上自衛隊演習の一環として今年も米海軍との共同演習が実施されました。米海軍のサイトに画像が掲載されているので一部をとりあげてみます。



GWとひゅうがが並んで航行
21g01

21g02

21g03

ひえい あしがら フリゲートCrommelin(クロメリン)
21g04

ひゅうが
21g05

ひえい こんごう
21g06


(画像は全て米海軍サイトから)

 それにしてもひゅうがはまだ任務には就役はしていないけれどもこうした演習には参加しているのですね。




軍事報告 | trackback(0) | comment(1) |


2009-11-19-Thu- 記事更新再開・・・

 1ヶ月以上ブログを放置しました。それにしてもその間にやけに色々あった気がします。観艦式、くらま、SM3、中国海軍艦艇訪日などなど。過去のことには触れないつもりです。その必要もないでしょう。あと、今後も更新が単発で途切れ途切れになりますが他のブログではあまり扱わないような内容を取り上げるつもりなのでお許しください。とりあえずの復帰報告でした。一気に2つほど記事を更新します。では・・・・




告知・広報・返事 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

●訪問者数

2009年11月19日から


いままでの単純HIT数
ブログパーツUL5

●BLOG内記事検索

●プロフィール

N

Author:N
 
自衛隊、日本関連の軍事情報を中心に運営しています。

▼リンク


このブログをリンクに追加する

●最新記事

●最新コメント

●最新トラックバック

●日付別記事一覧

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

●月別アーカイブ

●カテゴリ

●注目!!!

クリックをお願いします


軍事 ブログネットワーク

単純HIT経過


QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RMT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。