Nの軍事ブログ

ご批判、意見、訂正など是非お願いいたします。何か情報があれば是非コメントをお待ちしております。
------------ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009-08-25-Tue- 今日の報告20090825

●補給支援活動参加艦艇の入港
 第5次派遣海上補給支援部隊の艦艇が9月の始めに帰国する。護衛艦「あけぼの」は9月2日に呉基地、補給艦「ときわ」は9月2日に横須賀基地に入港する。

統幕/第5次派遣海上補給支援部隊

●派遣海賊対処行動航空隊の要員交代について

時事通信/P3C部隊、10月に交代=ソマリア沖の海賊対策-防衛省
統幕/派遣海賊対処行動航空隊の要員交代について PDF

●海上幕僚長「入港できないのは残念」

時事通信/海自艦の香港寄港拒否「残念」=中国側に改めて要請-海幕長

●防衛省報道官「30人が新型インフルエンザ」

時事通信/累計30人が新型インフル感染=防衛省

 防衛省ならびに陸海空自衛隊は新型インフルエンザの流行に対して大きな役割を担っている。従来のインフルエンザのように暑さや湿度には弱いと考えられていた新型インフルエンザは、夏の日本で流行が起こっている。秋や冬になれば更なる流行の可能性が考えられる。従来型のインフルエンザに加えて新型インフルエンザの流行。国民生活に甚大な被害をもたらすかもしれない脅威に対して、選挙後の新政権がしっかりと対応することができるのだろうか。防衛省は自らが新型インフルエンザで機能停止とならないように十分な配慮をしなくてはならない。一般市民も早めの備えが必要である。

●海上自衛隊第1護衛隊群サイト更新

 第1護衛隊群恒例のちゃんどら写真館であるが、この中で護衛艦「ひゅうが」の日向市寄港の際の様子やひゅうがの演習風景などが更新されている。特に、ひゅうがの飛行甲板上でヘリが3機待機している様子やSH-60JとSH-60Kがひゅうがと共に行動している様子が非常にいい。ひゅうがならではの光景で2番艦いせにも期待がかかる。また、秋には第1護衛隊群サイトで動画の更新があるようなので、海上自衛隊のJapan Maritime Channelとともに期待したい。


▼その他
京都新聞/オオミズナギドリ 初の衛星追跡調査  舞鶴・冠島で京都府立大教授ら

 こうした活動が海上自衛隊の協力を得て行われていることは知らなかった。冠島までの移動は水中処分母船(YDT)で行われている模様。




スポンサーサイト

今日の報告 | trackback(0) | comment(0) |


2009-06-30-Tue- 今日の報告20090630

●Nからのお知らせ
 いつもこのブログをご覧になってくださっている皆様ありがとうございます。この度、Nの負担軽減のため、このブログにもリンクがあるNの軍事ニュースの規模を今月をもって縮小することにしました。今月以前の記事は全て非公開とし、6月の記事も徐々に非公開にしていく方針です。また、最新記事の公開期間を1~2週間程度とする予定です。突然のことですがご了承いただきたいと思います。記事自体は保存してありますので、昨年10月からの記事でどうしても見たいという方がいましたら期限を設けて何らかの形で公開することも検討します。これからもよろしくお願いします。

 また、本ブログも更新が滞ることもあるかもしれませんのでご理解ください。特に、今週の軍事報告は最近毎週更新できなくなっています。できるときに更新していく予定です。


●TV番組のお知らせ

2009/07/05 12:45~13:25 日本テレビ
「カウントダウン・ドキュメント 秒ヨミ!」

 ブルーインパルスに関する番組内容です。




今日の報告 | trackback(0) | comment(1) |


2009-06-12-Fri- 今日の報告20090612

 ここ数日のニュースをまとめてみました。「たちかぜ」のことも。まずはサイト更新情報から。

▼国防関連サイト更新情報

・統合幕僚監部海賊対処ページに派遣海賊対処航空隊が追加されました。
・中央即応集団トピックスに海賊対処関連が追加されました。


▼ニュース一覧

●海上自衛隊P-3C 海賊対処のため活動開始(11日)
 メディアに公開されたときの、訓練のためP-3C2機が並んで飛行している画像が活動開始の記事に掲載されているものがあり誤解を生みそうだが、実際は1機が活動中は1機は予備として待機するという態勢である。統幕サイトで派遣海賊対処航空隊については画像を見ることができる。

●海賊対処法案19日に成立へ
 これによって武器使用が少し緩和され、外国船舶の護衛も可能になる。艦艇2隻の更なる派遣はあるのだろうか。海上警備行動による活動が終わり、編成について見直しがなされるかもしれない。現在の編成については水上部隊2隻と定められており、交代の際は空白期間を作らないために4隻(任務中2隻と交代艦艇2隻)体制をとることになっている。

●船舶検査の特措法検討へ 自民党

●護衛艦だった「たちかぜ」が標的として出航(1日)
 更新がだいぶ遅れてしまったが、現役を退いている護衛艦「たちかぜ」が標的として「最後の任務を全うするため」横須賀を1日に出航した。


撮影:N 4月
たちかぜ

艦番号がわずかに見える 「168」と
たちかぜ2



 標的となったたちかぜについてはフランカーの軍事考察 ~東アジアを中心に~で知ることができます。

標的艦「たちかぜ」①http://blogs.yahoo.co.jp/kazuya840124/38924447.html
標的艦「たちかぜ」②http://blogs.yahoo.co.jp/kazuya840124/38925441.html

 護衛艦たちかぜ、本当にお疲れ様でした。


▼テレビ・映画情報

・いよいよ「真夏のオリオン」が公開です。
・14日(日)に日高義樹のワシントン・リポートが放送されます。
・14日(日)夜に「亡国のイージス」が放送されます。




今日の報告 | trackback(0) | comment(0) |


2009-05-06-Wed- 今日の報告20090506

●米海軍海洋監視艦に中国漁船接近 ペンタゴン発表
 米国防総省は5日、今月1日に黄海で海軍の海洋監視艦(Ocean Surveillance Ship)ヴィクトリアスが中国漁船に異常接近されるなどの妨害活動を行われたと発表した。海洋監視艦は対抗措置をとったという。

 海洋監視艦(音響測定艦、海洋調査船などとも呼ばれる)ヴィクトリアスは、ミリタリーシーリフトコマンド(海上輸送)の特殊任務プログラムに所属する25隻のうちの1つである。


●自衛隊法改正で領空警備武器使用変更?
 産経の報道では、与党内で自衛隊法改正によって領空警備における武器使用基準の変更が検討されているという。防衛大綱の改定に向けて検討されている。

産経:領空警備で武器使用基準を緩和へ 「任務遂行」の追加を検討


 テロの危険が日常に迫る中で、自衛隊が国外で活動を行うための法整備も必要だが、国防を円滑に行うための武器使用などの法整備もまだまだ抑制されている。危機に迅速に対処するためにも、国内で必要な処置を円滑にとることができるように早急に整備する必要がある。昔は大規模着上陸侵攻への対処を考えていたが、今は少数の沿岸進入、ミサイル、生物化学兵器、新型インフルエンザなど日本列島を脅かす脅威は数知れない。




今日の報告 | trackback(0) | comment(0) |


2009-04-23-Thu- 今日の報告20090423

●海賊対処陸上警備に中央即応連隊から派遣
 ソマリア沖アデン湾周辺での海賊対処のために派遣されるP-3C哨戒機の活動拠点を警備するため、陸上自衛隊中央即応集団隷下の中央即応連隊(中即連)を派遣することが発表された。

 やはり、精鋭が派遣されることになりましたね。イラク派遣の際には第1空挺団などが警備のために派遣されており、海外派遣時の警備には陸自から精鋭が派遣されるのが普通になりつつありますね。海自から一般の警備要員を、という私の意見はまったく相手にされなかったようですねw。まあ、何せはじめてのことですから、警備を行って、そのよい経験をそれ以降の部隊運用に活かしてほしいです。


●中国人民解放軍海軍創設60周年記念国際観艦式
 23日、中国山東省青島市沖で国際観艦式が行われた。14カ国の艦艇が参加し、29カ国の代表団が観艦式に参加した。日本からは招待されなかったため艦艇を派遣せず、加藤耕司海上幕僚副長が参加した。

 海上自衛隊の艦艇が招待されなったのは非常に残念です。海上幕僚副長の加藤耕司海将も「今回、これだけ多数の国から招待されているのに、その中に海上自衛隊の艦船が入っていないのは残念だ」と語っています。こうした国際観艦式に隣国からの艦艇を参加させないというのは少し侮辱的にも感じられます。ただ、まあ中国が決めることですからしょうがないですが。海自は広報担当を派遣しているのでしょうか。米海軍はラフヘッド大将が参加したこともあり、サイトで大々的に取り上げています。前にも申しましたが、自衛隊幹部の動向をもっとサイトで紹介してほしいと思います。こうした広報は非常に重要ではないでしょうか。

 中国海軍の威容を見せつけられた今回の観艦式でしたが、今年の秋には海上自衛隊の観艦式があります。日本は日本なりに海自の威容を見せつけてやりましょう。

 しかし、中国は空母建造も進めているようですし、すでに海軍航空隊もありますし、本物の海軍になるために戦力をどんどん強化していくでしょう。日本ももう防衛予算を毎年削減している余裕はありませんね。日本のおかれている立場と、位置をもう一度確認したほうがいいと思います。




今日の報告 | trackback(0) | comment(0) |


2009-04-08-Wed- 今日の報告20090408

●空自特別航空輸送隊 ベテラン機長が勇退

空自:政府専用機パイロット16年、特別航空輸送隊ベテラン機長が勇退 /北海道

(毎日新聞)

 塙哲夫1佐は特別航空輸送隊第701飛行隊長であったが、15日付で特別航空輸送隊付となる。


●イランへ部品輸出を図った男が訴追される
 6日に米司法省が戦闘機などの部品をイランに密輸しようとしたイラン人男性を訴追したと発表した。F-5やF-14やコブラなど西側との関係悪化で入手困難である装備品に対する部品である。イランでは、米国がF-14を引退させた後は、他国の支援や密輸などでいまだに少数を運用しているようである。こういう男が頼りなのだろうか。


●北朝鮮ロケット発射映像公開



 1段目と2段目の間から何かが噴出している。


 
 自民党の中で核についての議論がされているようですが、それより変えなければならないことが多々あるのではないですか。すぐ核を持とうとして、日本まで核を持ったらいままで日本が訴えてきたことが全て無駄になってしまわないでしょうか。根本的な議論と具体的な案をしっかり示してほしいと思います。




今日の報告 | trackback(0) | comment(0) |


2009-04-04-Sat- 今日の報告20090404

●4日、北朝鮮人工衛星発射せず
 予告初日には発射が見送られた。天候の問題か、それともたった1発の効果を最大限生かすための様子見か。様子見なら初日にして成功している。それは日本における誤報騒ぎである。自衛隊や政府は徹底的に叩かれている。海外でも日本の誤報が報道され、世界が騙された形になった。

 これは、航空自衛隊航空総隊司令部の誤った報告によって、政府が誤報を発したからである。原因は、今回のロケット発射騒ぎで稼動されていたFPS-5レーダー。これは本来解体予定のもので今回特別に実戦モードで運用されることになった。このレーダーは探知距離が長いものの、正確さに欠ける。このレーダーだけの情報と米国の早期警戒衛星が探知したという誤った情報も加わり、誤報になった。

 北朝鮮にしてみれば、発射してもいないのに勝手にありもしない情報に踊らされている日本人を見て笑っていることだろう。本当に残念だ。今回は国民に発射情報を伝えるという政府の決定だが、正確な情報が得られるまで安易に流すものではない。今回の情報の伝達は短い時間に確実に行う必要がある。自衛隊の質が問われている。次の成功に期待している。

●海賊対処護衛艦、不審船を追い払う
 ソマリア沖で外国船舶救助 護衛艦、“脱法行為”の疑いも←共同ニュース

 3月14日の記事、海賊対処護衛艦出港 護衛艦は海賊対処仕様で一部触れた「長距離音響発生装置(LRAD)」が実際に使用された。外国船を救った形になったために脱法行為だと報道されているが、防衛省は船員法を適用したとした。

●ジブチと地位協定締結 P-3C派遣も 海賊対処
 3日、政府は海賊対処のためにP-3C哨戒機をジブチに派遣することを決めた。そして、地位協定も締結された。協定は刑事訴追や民事上の賠償請求などの免除を含む特権を定めている。

 P-3Cの派遣は何も航空機だけを派遣するのではなく、整備に関係する部隊も派遣されることを忘れてはならない。海自から警備要員も派遣されるのだろうか。詳しくはわからないが今後も注視していきたい。




今日の報告 | trackback(0) | comment(0) |


2009-03-31-Tue- 今日の報告20090331

●油井亀美也2等空佐、退官
 航空自衛隊の「イーグルドライバー」でありながら宇宙飛行士候補として選抜された油井亀美也さんがJAXA職員となるために、今日を持って防衛省を離れることになった。航空自衛隊に順次導入されている濃紺の制服に身を包みながら400人に見送られ、最後には万歳三唱が行われた。油井さんは17年間自衛官として勤め上げた。

●ノドン用核弾頭製造か
 北朝鮮が中距離弾道弾ノドンに搭載可能な核弾頭を製造している可能性があるという情報を米韓情報筋が得ていることがわかった。北朝鮮のロケット発射予告よりよほど脅威である情報であるにもかかわらず、人工衛星事案の報道振りに比べるとテレビではほとんど報じられていないように思える。ノドンは多くて200基ほどが配備されているとされ、日本全土をほぼ射程内に入れるがゆえに日本への政治的・軍事的な影響は大きい。




今日の報告 | trackback(0) | comment(0) |


2009-03-30-Mon- 今日の報告20090330

●そうりゅう就役
 30日に三菱重工業神戸造船所でそうりゅう型潜水艦そうりゅうの引渡し式が行われた。そうりゅうは第1潜水隊群に配備された。艦長は加納雅人2等海佐。

●防衛省発表
 防衛省は、5月4日から8日までASEAN地域フォーラム(ARF)災害救援実動演習に自衛隊が参加することを発表した。陸海空それぞれ派遣されるが、先日新しく配備された海上自衛隊の飛行艇であるUS-2も派遣される。

●陸自イベント中止になる
 駒門駐屯地創立49周年記念行事、第1空挺団創立51周年習志野駐屯地58周年記念行事などが中止になったことがわかった。それぞれ5日に予定されていたことから、北朝鮮の人工衛星発射予告と関係があると思われる。また、5日に予定されていた宇都宮駐屯地創立59周年記念祭は延期される模様である。

●海賊対処のため護衛艦が警護開始



今日の報告 | trackback(0) | comment(0) |


2009-03-27-Fri- 今日の報告20090327

●イスラエルがスーダンで車列を空爆したという報道
 1月にイスラエルがスーダンで武器を輸送していたトラックを空爆したとイスラエルのメディアやアルジャジーラなどが伝えている。報道によると、イスラエルはイランからスーダン、スーダンからエジプトを介してガザ地区に武器が運ばれているとして、その武器がスーダンで輸送中にイスラエルが空爆した。米軍も協力したとされる。
 イスラエルのオルメルト首相はイスラエルにとって危険があるならば、世界中活動できる限りどこでも攻撃すると発言している。事実過去に何度も国外に空爆をし、新しいところでは2007年のシリアの核施設を攻撃している。

●A New Base Park in Atsugi(米海軍より)


astugi


 一番右は高橋和男第4航空群司令(海将補)。




今日の報告 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

●訪問者数

2009年11月19日から


いままでの単純HIT数
ブログパーツUL5

●BLOG内記事検索

●プロフィール

Author:N
 
自衛隊、日本関連の軍事情報を中心に運営しています。

▼リンク


このブログをリンクに追加する

●最新記事

●最新コメント

●最新トラックバック

●日付別記事一覧

08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

●月別アーカイブ

●カテゴリ

●注目!!!

クリックをお願いします


軍事 ブログネットワーク

単純HIT経過


QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RMT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。